2012年05月05日

ま、またも。

◇ ◇ ◇

めったに出会わないはずなのに、出会う時には出会うのねー…。

(あ、ジョセフではありません。)


家具を探して歩いていた名古屋は大須。
ふと、本当にふと入ったお洋服屋さんの一角に、アンティーク、ヴィンテージの雑貨が色々と。

そのなかで、ぴかっ!と迫ってきたネックレス。

120505_2135~01.jpg

これも、写真がまずいなあ…。

素材は真鍮?銀とは違う気がする(マークも入っていないし)。
とにかく、「鉄」っぽい。
なんだか鉄条網のパーツを繋いだみたいな。
エレガント・パンク。

(なぜか左利き仕様なのも、なんというかパンクっぽい)


デイリーはもちろん、ドレスにも使える。
素晴らしい☆☆☆


ここ2週間、出会いが多すぎてドキドキしっぱなしですハート(トランプ)


でも、もう買いません!!!!!





(…ヴィクトリアンの珊瑚のネックレス、以外は。)
 ↑見つけたら買います…。これは別格。







posted by K10 at 06:11| コンサート

2012年05月02日

☆ My dear Joseff ☆

◇ ◇ ◇

アンティーク・アクセサリーが好きです!
ここでは以前、「Ms.Uranium〜ウラン〜」をご紹介しましたね。


先月末、母とふらりと訪れたアンティーク・フェア。


…出会ってしまった、愛しのジョセフハート(トランプ)ハート(トランプ)ハート(トランプ)

120505_2118~01.jpg

JOSEFF OF HOLLYWOOD ジョセフ・オブ・ハリウッド
デザイナー、ユージン・ジョセフ(1905-48)は、シカゴで広告デザインの修行をした後、1920年代にハリウッドへ進出し、映画(特に歴史映画)のための装飾品や小道具のデザイン産業を確立。様々な時代、文化をリサーチし、スクリーンにより映えるデザインを産み出した。
素材は真鍮のような合金だが、「アンティーク・ロシアン・ゴールド」というジョセフ独自のマットな金色は、映画撮影の強い照明が当たっても反射しないよう意図されたもの。
1937年には商業ラインのデザインを始め、デパートなどで販売し大変な人気を博した。
1948年、ジョセフは飛行機事故で世を去る。42歳。
その後も妻のジョアン・キャッスルが会社を引き継ぎ、1950年代、60年代とジョセフのジュエリーは映画やテレビ撮影で多く使用された。

* * *

写真が美しくないのが残念…。
チェコガラスの赤がもっと鮮やかで、ジョセフの特徴アンティーク・ロシアン・ゴールドの色調ととてもよく響きあっているのです。
ネックレスとイヤリングのセットは、コンサートで最も使いやすい。
チョーカーの長さが実にちょうどよく、鎖骨の付け根にうまくのる、うふふふふふ。

120505_2118~02.jpg

ペンダント部分。
オリーブとリボンかな、うふふふふふふ。


もう1点。
素敵なイヤリング、やはりジョセフ。

120505_2124~01.jpg

色がやっぱり綺麗に写らないー。
紫と緑のチェコガラスは孔雀色。

ティア・ドロップ部分がゆらゆらと揺れますが、動きが自然で音もしないので、付けて演奏しても気になりませんでした。

うふ、ふふふふふふふふふ。

* * *


ジョセフに初めて出会ったのは、2007年のこと。
クラウン・モチーフのイヤリングとブローチのセットでした。

120505_2128~01.jpg

ジョセフは、ハリウッド映画の小道具で名を馳せた人で、『風と共に去りぬ』や、E.テイラーの『クレオパトラ』に出てくるアクセは彼の作品です。
M.デートリヒも、彼デザインのチョーカーを着けたブロマイドを残してます。
若くして飛行機事故で世を去った、というのも、なんというか、私好みなんでございます。


この時、一緒に連れてきたラインストーンのネックレス。

120505_2129~01.jpg

クラシック感とポップを合わせ持つ、非常に私好みなデザインです。
ネックレス全体に小さなラインストーンが埋め込まれていますが、長い時間のなかで何粒も取れてしまったのでしょう。空いた所に、その時々埋めていったらしいラインストーンの色が、全部微妙に違っているところがまた愛おしい。
首の後ろの留金は、古い時計にあるようなデザイン。
先端に下がるベージュのバロック真珠。・・・贋モノだと思うんだけど。
なんか、すごくよくできてるんだよな。
そして、その上に嵌まっている黄色の真珠なんですが、これがまた、どーして?というような贋モノっぷりで、まるで夜店で売ってるネックレスみたいな。
そこがなんというか、ものすごくポップでして、いい感じにこの子の性格を決めてる気がします。

しまう時は一緒に。

120505_2127~01.jpg

いい眺めハート(トランプ)

アンティーク、ヴィンテージに限りませんが、出会いは一瞬。
ジョセフに出会ったのは5年ぶりです。
私にとり、ハリウッドのキング。
決して高価な物ではありませんが、はっ!とする存在には、本当に、なかなか出会えない。


うふ、うふふふふ、ふふふふふふふふふふふハート(トランプ)ハート(トランプ)ハート(トランプ)



(は、働くぞー。)





posted by K10 at 00:42| デイリー

2012年05月01日

☆ラバー☆ソール☆

大変にお久しぶりの Dress room です。
実に、3年ぶり。

小さな私のキャパを超えた日々で、メイン・ブログの更新もままならない状態でした。
けれど、ふと、開かずの間に風を通したくなりました。

* * *

先日、旦那様からプレゼントして頂きましたハート(トランプ)

120503_2243~01.jpg

I LOVE RUBBER SOLE ハート(トランプ)ハート(トランプ)ハート(トランプ)

この写真ではわかりにくいのですが、ソールの高さは12cmあります…。
いわゆるラバソーと違い、つま先も少し細くヒールのラインもあってキモチ女子度高め。

でもまあ、1970年生まれの穿く靴ではないかもしれません、が、何か?
 

こちらは昨年購入。超愛用のラバーシューズ。

120503_2246~01.jpg

ヒールの高さは9cm(もはや8cm以下はヒールと言わないワタクシ)。
かかとにホワイトラインが、びっと。

旦那様曰く

「わー、スカンクみたい☆」

座布団1枚。
命名、スカンク・シューズ。


ずっと、ラバーソールは " LOVER SOUL " だと思い込んでいました。
今も、そう思っています。



ピース☆





posted by K10 at 23:38| デイリー

2009年06月14日

2009夏物

基本的に、お洋服は長持ちです。
10年選手も、けっこういます。
ありがたいことに、お洋服をいただくことも多いのです。
(いただいた物は必ずや着こなす!が信念)

ですから、シーズンに買い足すお洋服は、少ないですな。

2009年の夏は、とにかくマキシ・ワンピ!

* * * * *

ZALAの小花模様、メルヘン・ワンピ。

090614_1754~01.jpg

なんだろうなあ、この懐かしさ。
子供の頃、母が作ってくれたワンピースが小花模様だった。

丈が長すぎたので、仕立て屋さんに切ってもらい、その端切れで細いリボンを2本、作ってもらいました。
チューブ・トップは、どうしてもずり落ちが気になるため。
ホールターにしたり、ダブル・サイドリボンにして、気分を変えて楽しみます。
子供っぽいラインなので、上にDiorなどハイ・ブランドのヴィンテージTシャツ(胸の大きく開いた物)などを重ね着したり、アクセや靴でニュアンスをつけるよう気をつけること。

* * * * *

WKJW、グレー・ジャージ素材のティアード・ワンピ。

090614_1751~01.jpg

もうもう、ヒトメボレ。
ものすごく薄くて軽くて、着心地最高。
(これで仕事用のアー写を撮ろうかと思っている。)

胸元のスポーティさと、ジャージという素材。でも、なんともたおやかな軽さ、女性らしさが、本当に好み。

合わせるもので、カジュアルもフォーマルもいけるフトコロの広さもお気に入り。

この夏の主役、決定。

* * * * *

名脇役、というか、隠れた本当の主役はこちらかも。

090614_1756~02.jpg

CA4LA にて購入。黒ストロー・ハット。

ハットはオオハヤリしていますから、ここはひとつ、大人な使い方を模索したいものです☆

今のところ、夜会巻きに深くかぶるのが、私にはベスト。
(スパイラル・ヘアなので、J.ジャクソン風にならないよう注意。)

* * * * *

靴には出会いがない今シーズン。
バーゲンに、期待。


posted by K10 at 00:58| デイリー

2009年06月13日

持ち物検査

近ごろ楽しいのが、黒・グレーなどのダークな色のひざ丈タイトスカート。
私としては夜会巻きと同じく、大人の女の必須科目です。


★アニエスB.:黒、コットン・タイトスカート。
5年くらい前のシーズンの物(いただき物)。ヒップラインが非常に出るので、歩き方や姿勢に気合が入る。モンローっぽい、アメリカっぽいスタイルを、フレンチ・フィルターに通した感じで大変に好み。ヘビー・ローテ。

★マリー・クワント:黒&グレー、コットン・タイトスカート。
8年くらい前に、色違いで購入。アニエスの物より、バック・ポケットやジップにガジェット感があって、ナルホドU.K.な感じ。愛用のMINIビニール・バックとの相性も抜群。

ブラウスやジャケットで、気分を大きく変えることができるので、どちらも大変に重宝してます。

これに、昨年購入の黒エナメル、ピンクソールのポップなハイヒールと合わせるのが気分。
ストッキングはシアーな黒で。


今後の課題としては、やはりベルトでしょうか。

マリーの黒タイトに、イタリアから来た白フリル・ブラウス(懐かしのプリカジ風・いただき物)をタック・イン。メンズ・ライクな黒革ベルトをマーク。少し開き気味の胸元、ブラウスの内側に、ティファニーのグラデーション・ネックレス(母からの借り物)。

ベルトは、秋冬にかけても宿題だなー。


・・・楽しいー☆☆☆



(写真がうまく載せられない。未だ解決ならず。ブログの宿題。)









posted by K10 at 01:10| デイリー

2009年04月05日

就職祝い

就職祝いに、夫に買って頂きました☆☆☆

090614_1707~02.jpg

ありがとう!! kiss!kiss!

マルチ・カラーは元気出ます☆
ビニールは雨にも強いうえ、質感がポップで非常に好み。
ダブル・ジップで大きく開くし、A4のファイル・楽譜がストンと入る。
内ポケットも使いやすく、芸が細かい。
中に張られたコットンの赤が、たまらなくU.K.な感じです♪

さすが、MINI ☆☆☆

…カーディガンとかも、出てるんだよなー。どきどき…。


posted by K10 at 17:20| デイリー

2009年04月02日

父のスーツ

090402_1011~01.jpg

テーラード・ジャケットが来た!
嬉しい!嬉しい!
久しぶりにファッション雑誌を購入してひとり作戦会議。
ああ、うるわしのパリ。

ちなみにこの春からお勤めに出るワタクシです。
週2日、スーツないしジャケットな、お仕事フォーマル系ファッションを楽しもうと思っております。

しかし、そうそう手持ちはございません。
そこでさっそく、実家のタンスを物色。

狙いは、父のスーツ。

小柄で若い頃かなり痩せていた父が、今は着なくなった服を、私は学生時代から時々拝借しています。
スーツで、意外といけるかも。

狙いは当たり☆
上下でちゃんと着ることができました。
とりあえず春夏物のスーツを2着とジャケット1着をゲット。

確かに、完全にフィットするわけではありません。
ボトムは、長さは完璧(父よスマン)なのですが、ヒップがわずかにキツイ。
ジャケットは、袖の長さはばっちり(父よスマン、というか、私が手長ザル)なのですが、やっぱり肩はだいぶん大きい。

しかーし、そこをなんとかするのが楽しい☆☆☆
むしろ、体に合いすぎた服よりハズシがあった方が私は好きなくらい。

とりあえず、写真のジャケットを毎日、色々なスタイルで着て体になじませてます。
ビックサイズは、エンデのモモが基本。

…ヒップは、水泳でしぼる。いい目標。





posted by K10 at 07:07| デイリー

2008年12月15日

ファーの帽子

今年も激流行り、ファーのお帽子。
黒フェイク・ファー耳付き帽(購入1990年!!)を愛用しておりましたが、…そろそろ新しいのが欲しいなあ、と。

所用で訪れた東京・代官山『CA4LA』にて。

http://www.ca4la.com/index.html

081215_1205~01.jpg

ボリュームが抜群にちょうどよい!
大き過ぎると私の場合、子供っぽく(アニメっぽく)なります。
(最初に手にした別のお帽子では、まるでメー○ルでした)
これは、ちょうどショートのカツラくらいのサイズ。

実は、一緒にいた母のセレクト。
悔しいが、私よりも私によく似合うものを見つけるのがうまい。
(そして早い。)
私の No.1 お洒落マスターは母です。

往年の映画スターっぽくかぶるのが気分です。
大きめのイヤリング(色のきれいな北京ガラスはナイス)と、
テーラーっぽいスーツやコートで。

手袋も忘れたくないですねえ。
(綺麗な色の革手袋、色違いで何枚か欲しいなあ。
 ああ物欲無限地獄…)

久々に訪れた代官山。
路地裏の小さなショップには、ハッピーがいっぱい☆☆☆
近年にないほどテンション上がりました。





posted by K10 at 01:59| デイリー

2008年12月08日

リメイク(余り物にも福がある)

今秋のコンサートにて着用のドレスは、なんと20年近く前に購入したものでした。

このたび、肘まであったフレンチ・スリーブを、短くカット。
ほんの少し手を入れるだけで、全体が大人っぽく。
何より、うんと弾きやすいドレスになりました。

DSCN1067.JPG

で、袖を落とした分の、この端切れが。

081126_1944~01.jpg

…なーにかに使えるぞ。
こんなのどうだ。

081126_1945~01.jpg

スナップをつけて、チョーカーにしました。
端は切りっぱなしにしています。
微妙にパンクっぽくなるので、この方が好き。
アクセントのブローチを、変えて色々に楽しむことができます。
写真は、お気に入りジョセフの王冠シリーズ。

12月のコンサートでも使いましたし、
デイリーにもいけます。

で、もう片袖分あるのです♪
ヘッド・ドレスでも作ろうかなと思案中。
posted by K10 at 03:53| コンサート

北京ガラス

「買わないぞー。」と決めて覘いたアンティーク・ショップ。

…出会ってしまったイヤリング。

081126_1927~01.jpg

ペキン・ガラスと札が付いていましたが、
…ちょっと違うような気もしながら。

いいんです。野口先生3枚でおつりがくるんですから。

小さな細工が、ものすごく可愛い。

081210_1328~01.jpg

そして、今年初夏に手に入れたネックレスMs.Uraniumとも、
まるでセットのようによく合う。

081126_1928~01.jpg

ステージでもデイリーでも使える守備範囲の広さもお気に入り。
posted by K10 at 03:35| デイリー